株式譲渡のリスクを回避したいなら専門機関に依頼するのが鉄則

  1. ホーム
  2. 企業買収の流れと方法

企業買収の流れと方法

オフィス

コストと時間を短縮できる

企業が事業を拡大する時に利用されるのが買収です。なぜ買収という方法をとるかというと、コスト削減と時間短縮ができるからです。新規事業を始める場合は工場の新設や技術者の雇用などが必要になります。そのためのコストと事業開始までの時間がかかります。しかし既存の企業を買収すれば、すぐに操業を開始できます。企業買収で最も簡単な方法が株式譲渡です。これは買収される側の株式を全て譲り受けるやり方です。メリットは簡単に経営を委譲できて、従業員や工場をそのまま引き継げることです。このような株式譲渡による企業買収を行うためには、専門のM&A会社に相談することから始めます。M&A会社には売却希望の企業情報がたくさんあるので、相談によって候補をいくつか選びます。売り手と買い手の双方が面談して株式譲渡の費用についてすり合わせをします。合意に達すれば売買契約を交わして、株式譲渡が行われて企業買収は完了します。合意に達しない場合は何度かの打合せを持ちます。その時に両社の仲介役を果たすのがM&A会社です。M&A会社は合併や買収を数多く手がけている専門の会社なので、売却側と買収側の調整を行います。妥協点が見つかれば株式譲渡は成立しますが、折り合いがつかない場合は他の企業を探すことになります。また株式譲渡が決まった時も、従業員から反発がでないように説明を行うことになります。株式譲渡による買収でM&A会社を利用するもう1つの理由は、売却側企業の負債などを綿密に調査してくれるからです。買収によって負債を抱え込まないようにサポートしてくれます。