株式譲渡のリスクを回避したいなら専門機関に依頼するのが鉄則

  1. ホーム
  2. 株式を譲渡する際の選定

株式を譲渡する際の選定

握手

合併先を選ぶコツ

株式譲渡を決断したオーナーにとって、どの事業に対して株式譲渡を行うかは大きな課題です。基本的にはまったく関係ないところと取引することはほとんど無く、今まで競合していたか取引していた相手に譲渡をすることになります。その際に複数の事業が一つの事業に全て株式譲渡を行うのが合併というM&Aです。合併はすでにあるところに吸収される吸収合併と、新しく会社を設立してそこに吸収される形の新設合併があります。どちらを選ぶかはそのときの経営者たちの決断によるのですが、選び方としてはシンプルなものとなっているのです。一つ大手の事業があればそこに吸収合併、そういった大きなところが無く中小事業がまとまる場合は新設合併を選びます。株式譲渡をする際にもそのどちらかに決めてから譲渡を始めるようにすると、円満なM&Aに仕上がっていくでしょう。株式譲渡というと大きなところに全てを吸収されるイメージがありますが、そうではないパターンも多くあります。その場合はブランドイメージに頼らないので最初の事業存続が難しいという欠点がありますが、最初から始めるという点で人気があるのです。複数の事業が統合することになるので、そういった合併などに強いM&Aアドバイザーに支援を依頼しておきましょう。今も多くの事業が吸収合併と新設合併を行っており、どうすれば存続するかのテンプレートというものがある程度出来上がっています。それに沿っていくようにすると、堅実な株式譲渡にしていくことが出来るでしょう。