株式譲渡のリスクを回避したいなら専門機関に依頼するのが鉄則

握手

株式を譲渡する際の選定

株式譲渡をして合併をする際には相手の事業を選ぶのも大切ですが、吸収合併と新設合併のどちらを選ぶかということも重要となります。吸収合併は一強の事業に全てを吸収されるのでブランドイメージがありますが、新設合併にはそれがありません。都合に合わせて相手の事業と合併形式を選びましょう。

オフィス

企業買収の流れと方法

企業が新規事業を広げる時に行われるのが買収です。既存の企業を買収すればコスト削減と時間短縮が可能になります。その時には専門のM&A会社に相談をします。M&A会社には売却希望の企業情報があるので、マッチングで買収候補を選び、個別面談をします。買収では株式譲渡が多く行われます。経営移譲が簡単だからです。

男の人と女の人

経営陣が変わるとき

株式譲渡は、経営権を譲り渡すことであるといってもいいでしょう。そのため、通常は譲渡制限が設けられています。株式譲渡を行うには、取締役会や株主総会での決議があり、当事者間で契約を行い、株主名簿の書き換え、そして株主名簿記載事項証明書の交付を得て完了となります。手続きを怠ればトラブルになることもあるので注意が必要です。

資金集めに有効な手段です

ウーマン

非公開株に多いケースです

株式会社は株券を発行して資金を集めることができ、資金を集めるために株券を発行します。株券を発行する以外にも株式譲渡を行い株券を譲ることができます。株式をより多く取得する方が経営に関わることができますから、実質的なオーナーとなります。上場企業であれば株式を市場公開していますから、株券を購入すれば株式を手に入れることができますから、より多く株式を取得することで経営権を得ることができます。しかし、非公開企業の場合、株券を買うことができませんので、株式譲渡は非公開企業で多く行われます。先に述べましたように株式をより多く取得すれば経営権が得られるので、株式譲渡の目的は主に経営権の譲渡のために行われます。株式譲渡を行うことで社長から親族や第三者に経営権を移すことができます。複雑な手続きが必要なく、株式を譲渡するだけですので経営権の引継ぎを行う非常にシンプルな方法となります。また企業間で合併や買収が行われる際にも株式譲渡が行われることとなります。発行済み株式の譲渡を行う契約を交わし、株式が譲渡された時点で経営権が移ります。株式を売却することになるので、被買収企業(株式譲渡希望企業)には現金が入ることとなり経営の改善に繋がりますし、買収交渉や合併が比較的容易に進みやすい点も利点です。株式譲渡を行う場合、ほとんどは非公開になりますので適切な資産価値が一目で見てわからないため、専門化に依頼して算出してもらった上で進めたほうが良いです。